司法書士ジャーナル
橋本司法書士事務所ブログ

1月 22 2018

任意整理(25) 夫が個人再生、妻が任意整理で解決

4:38 PM 任意整理

以前に夫の個人再生で借金を5分の1に減らして解決した方の妻から2年ぶりくらいに連絡があり、「実は私も最近、借金が増えてしまったので何とかならないか」という相談を受けました。

夫の個人再生の時点で家計簿をチェックしていたので、その時は妻の借金はそれほどでもなかったのですが、その後、夫が転職したらしく、しばらく給料の無い時期があり、その際に妻の借金が増えてしまったようです。

具体的には、クレジット会社が5社、消費者金融が1社で、合計残高が約143万円でした。業者はUCSカード、楽天カード、セディナ、イオンクレジット、三井住友カード、アイフルです。

せっかく夫の個人再生が認可されて、あと1年ほどで支払いが終わる状況だったので、今のままでは夫の支払いも滞ってしまうので何とかしたいという強い要望でした。

相談を受けた直後は妻も個人再生をしたらどうかと提案しましたが、一つ問題がありました。自動車の名義が妻だったのです。

個人再生の方が借金の減額は大きいので支払いは楽になります。しかし、自動車ローンが残っている状態で個人再生を行うと、自動車はローン会社に引き上げられてしまいます(これは自己破産の場合も同様です)。ローンが無い状態なら自動車は残りますが今回は違いました。また、妻名義の自動車を夫が通勤に使っているという事情もありました。

こういう場合、引き上げられた後、中古車を購入するという手段がありますが、夫婦とも新たなローンが組めない状況なので一括購入しかありません。そんな資金はとても用意できないので、他の方法を考えてほしいと言われました。

そこで、支払額は個人再生より増えますが、自動車の引き上げはしなくても済む任意整理を提案しました。

殆んどの業者が利率の低い時期に借りているので、利息制限法に引き直しても、ほとんど残高は変わりません。ただ、司法書士が代理人となって任意整理をした場合、分割払いに対して利息が付きませんので(無利息分割)、トータルの支払額はかなり減ります。

また、司法書士が受任通知を出してから、和解契約が成立するまでの数か月の間、業者からの連絡は全て司法書士に行き、合法的に支払いが止まった状態になります。これが気持ち的にはすごく楽になり、冷静に考えられるようになるという人が多いです。

このことを説明したところ、「任意整理でやってほしい」という依頼を受けました。

そこで各社に受任通知を出して取引履歴を入手したところ、やはり予想通り残高はほとんど変わりませんでした。そのことを妻に報告して、分割払いの交渉に移ります。

最近は業者の経営も厳しく、より短期間の分割を主張してくる場合も多くなってきているのですが、「それでは自己破産になってしまう。そうなったら業者の方も得はしないでしょう」と説得して、何とか6社全てに3年分割を認めてもらいました。

自動車も残り、夫の個人再生も続けられる目途が立ち、非常に満足して頂けたようで何度も感謝されました。とても良い解決になったと思っています。

より詳しい情報を知りたい方は以下をクリック

http://www.hashiho.com/debt/ninniseiri/