司法書士ジャーナル
橋本司法書士事務所ブログ

1月 31 2018

時効(31) アビリオ債権回収の期限の利益喪失日は間違っている場合がある

5:50 PM 時効

以前にアビリオ債権回収は、訴えてきた場合、支払督促を多用する業者であるという話をしました。この支払督促で非常に問題のある事例がありますので紹介しましょう。

支払督促には通常、「請求の趣旨及び原因」というページに「期限の利益喪失日」という項目があり、この日付から5年以上が経っていれば消滅時効が完成しているというのが一般的な取り扱いです。従って、この日付を目安にして、専門家に頼むか頼まないかを決めている人も多いのです。

しかし、アビリオ債権回収が送ってくる支払督促の中に、この期限の利益喪失日が間違っているものがあるのです。明らかに5年以上経っているにもかかわらず、5年以内の日付が記載されているのです。これは故意にやっていたとしたら非常に悪質です(真相は分かりませんが)。

例えば、最後の支払いが10年以上前なのに、アビリオが債権を譲り受けた最近の日付が記載されていた支払督促を実際に見ています。こんな単純なミスをするものだろうかと疑いたくなるのは私だけでしょうか。

従って、アビリオ債権回収から支払督促を受け取った人は期限の利益喪失日だけを見て判断するのは危険です。

私がおすすめするのは、支払督促の後ろの方に必ず添付されている計算書を見ることです。これは取引の経過が詳細に書かれています。計算書の最後の取引(貸付または返済)の日付から5年以上経っていたら消滅時効の可能性はあります。あきらめてはいけません。

このようにアビリオ債権回収からの支払督促には注意が必要です。自分では良く分からないので心配だと思われた方は、支払督促が届いた時点で、まずは時効に詳しい専門家に相談しましょう。

より詳しい情報が知りたい方は以下をクリック

http://www.hashiho.com/guild/