司法書士ジャーナル
橋本司法書士事務所ブログ

1月 10th, 2018

1月 10 2018

時効(29) 新生パーソナルローンの「御通知」

新生パーソナルローンは「シンキ」という消費者金融が新生銀行グループに吸収されて出来た会社です。シンキから昔、借り入れていた人は、この会社名で請求が来ますので、架空請求と間違えないように注意しましょう。

新生パーソナルローンからは「御通知」というタイトルの書面が届くことがあります。内容は以下のようなものです。

「平素は弊社とお取引いただきまして誠にありがとうございます。
さて、弊社とのご契約にもとづくご返済の件につきまして、本日現在ご入金が確認されておりません。このような状態が続きますと、お客様の負担が大きくなるばかりか、ますます解決が困難になります。
そこで、ご返済額(残高)の見直しを提案させて頂き、お客様の負担軽減に努めさせて頂きたいと考えております。下記記載の金額を期限迄にご返済頂ければ、弊社との取引は終了となります。
下記金額の一括のご返済が困難な場合は、下記担当者までご連絡頂ければ今後のご返済の相談に応じることも可能です。」

上記の文章の下に現在の利息・損害金込みの金額(たいていはかなりの高額)と、ご提案額としてかなりの割引をした金額の両方が記載されています。

何も知らない人が見ると、「こんなに割引してくれるのなら、さっさと支払って終わらせてしまおう」と、つい連絡をしてしまいたくなる文章です。

しかし、早まってはいけません。これは業者の罠かもしれないのです。
実は、このような書面を送られた債務者の中のかなりの人が、既に消滅時効期間が経過していて、正式な法的書面を送ることで支払いを免れることが出来る可能性があるのです。

業者に電話をして、「いついつまでに支払います」と支払いの約束をしてしまい、それを万が一、相手に録音されていたりしたら、せっかく消滅時効期間が経過していても、支払義務が復活してしまう可能性もあります。(だからこそ業者は、電話をかけさせるために割引額を提案しているとも言えます)

長期間支払っていなかった人は消滅時効の可能性があります。まずは業者に連絡する前に、時効に詳しい専門家に連絡しましょう。

より詳しい情報を知りたい方は以下をクリック

http://www.hashiho.com/debt/shometsu/