司法書士ジャーナル
橋本司法書士事務所ブログ

2018年4月

4月 03 2018

時効(34) エイチ・エス債権回収の不当請求

エイチ・エス債権回収は、CFJ(旧アイク・旧ディック・旧ユニマット)などの未払い債権の請求が比較的多い業者です。この業者の態度は正直、良いとは言えません。

エイチ・エス債権回収が送りつけてくる通知には、「ご確認のお願い」・「債権譲渡のご通知」などがありますが、何と驚いたことに請求金額の総額がどこにも書かれていません。私が相談者から受け取った書面には、元金しか記載されていませんでした。これでは、一体いくら請求されているのか分かりません。

私の予想になりますが、高額の遅延損害金と一緒に請求すると、「とても払えない」と驚いて法律家に相談され易くなりますので、まずは債権回収会社に電話をさせようとする目的で元金のみを記載しているのではないか、と考えています。

他にも時効援用通知を送った後の態度がひどかったのが印象に残っています。通常は、1週間ほど経ってから連絡すると、「中断事由は無いので時効で処理しました」のように回答するのが普通ですが、何とエイチ・エス債権回収は「倉庫にしまってあるので、まだ調べてません」、「中断事由があれば請求するし、無ければ請求は止めますから、答えなくても良いでしょう」などと言ってきました。

さすがにこんな乱暴な回答は、あの評判の悪いギルドですら経験がありません。正直、「この業者、大丈夫か」と思ってしまいました。

私も司法書士ですから簡単に引き下がるわけにはいきません。「中断事由があるのか無いのか、はっきりしてもらわなければ困ります」と強く主張したところ、「じゃあ調べますんで、あと1週間待ってください」と言って電話が切れました。

1週間後に再度エイチ・エス債権回収に連絡したところ、「中断事由が無いので請求を止めます」と回答がありました。その後、「事務所でゼロ和解の契約書を作成して送ったら、会社印を押して返してくれるか」と質問したら、即答で「出来ません」という返事で、あきれてしまいました。

時効の場合、解決しても業者に契約書返還義務が無いので、手元に書面が残りません。それで事務所が「債権債務無し」(通称ゼロ和解)の和解契約書を作成して業者に送り会社印を押したものを1枚返してもらう、というやり方をすることがあります。ほとんどの業者が、これには応じます。しかし、エイチ・エス債権回収は拒否してきました。

このように、かなり問題が多い業者なので、請求された場合は注意が必要でしょう。

より詳しい情報が知りたい方は以下をクリック

http://www.hashiho.com/debt/shometsu/