自分で出来る不当請求対応マニュアル

  • ホーム
  • > 自分で出来る不当請求対応マニュアル

自分で出来る不当請求対応マニュアル

自分で出来る不当請求対応マニュアル お住まいが遠方にある、または、自分で手続を進めたい、などの様々な理由により、当事務所にお越し頂けない方に対して、今まではサービスを提供できず、残念な思いを抱いておりました。
そこで、この度、新たなサービスとして、ご自身で手続をして頂く為のマニュアルの販売を始めることに致しました。
今まで当事務所が実際に経験して多くの結果を出してきた実務に基づいた内容になっています。
今後は様々な事情で事務所にお越し頂けない方に対しても、このマニュアルが手助けになれば、当事務所としても喜ばしく思います。

自己診断

さて、手続の説明に入ります。
届いた書類の内容によって、手続が2種類に分かれます。自分に該当すると思われる手続に進んで下さい。

自己診断表

  • 時効援用通知書作成マニュアルへ
  • 答弁書・督促異議申立書作成マニュアルへ

自分で出来る時効援用通知書作成マニュアル

あなたが過去に借りた金融機関から請求の通知が届いた場合、このマニュアルで解決できる可能性があります。通知の名称は、「請求書」だったり、「催告書」だったり、「支払通告書」だったりと色々です (他にも様々な名称のものがありますが、内容は支払いの催促です)。中には「とにかく話をしたいから電話をかけてくれ」というようなものもあります。
まずは、あなたの借金の消滅時効が完成しているかどうかチェックしてみましょう。下記の条件に当てはまれば、完成している確率が極めて高いです。

現在、請求を受けている業者から、過去5年間、一度も借入や返済、または返済の約束をしていない。(信用金庫の場合は過去10年になります)
上記の業者から過去10年以内に、裁判に訴えられて、確定判決や仮執行宣言付支払督促等を取得されていない。
☆ 訴えられていれば、裁判所から必ず書類が届きます。ただし、引っ越しをされている場合、家族等が書類を受け取っている場合がありますので注意が必要です。

上記の条件に当てはまっていそうだと、あなたが考えられた場合、消滅時効で借金をゼロにできる可能性があります。
ここで注意して頂きたいのは、たとえ消滅時効が完成していても、そのまま何もしないで放置していては業者からの請求は止まらないということです。
請求を止める為には、請求を受けている業者に宛てて「時効援用通知書」を送付する必要があります。ご自身で作成したいと思われた方は、以下に進んで下さい。

時効援用通知書作成マニュアルの購入手順

1.申込

メールまたは電話で申し込みをする
(メールの場合は以下の申込フォームに必要事項を記入
して送信して下さい)

2.振込

事務所から銀行口座をお知らせしますので、
そちらに代金を振り込む
(振込手数料はお客様負担でお願いします)

3.お届け

振込確認後、3営業日以内にマニュアルを発送または、
データ(PDF)で送信します。

  • ☆ 申込後、7日以内に振込が確認できなかった場合は、自動的にキャンセルとさせて頂きます。
  • ☆ 当マニュアルは著作権法の規定により、本人がご自身の為に利用される以外に、無断での複製(コピー)、転載(貼り付け)、配布等が禁じられています。違反した場合は処罰される可能性がありますので、ご注意下さい。
  • ☆ 当マニュアルは、当事務所の実際の解決事例に基づいて作られておりますので、条件に当てはまっている方は非常に高確率で解決する可能性が高いです。しかし、100%の解決を保証するものではありませんので、その旨、ご了承ください。
  • 特定商取引法の表示

代金

通常価格1万5000円のところを新規サービス開始キャンペーンにより
1万円(消費税別)で、ご提供いたします。

お申し込みはコチラ

自分で出来る答弁書・督促異議申立書作成マニュアル

あなたの元に裁判所から書類が届いていた場合、このマニュアルで解決できる可能性があります。書類の名称は、「訴状」または「支払督促」のどちらかだと思います。どちらの場合でも、当マニュアルは対応しています。
まずは、あなたの借金の消滅時効が完成しているかどうかチェックしてみましょう。下記の条件に当てはまれば、完成している確率が極めて高いです。

現在、裁判に訴えられている業者に対して、過去5年間、一度も借入や返済、または返済の約束をしていない。(信用金庫は過去10年になります)

上記の条件に当てはまっていそうだと、あなたが考えられた場合、消滅時効で借金をゼロにできる可能性があります。
ここで注意して頂きたいのは、たとえ消滅時効が完成していても、そのまま何もしないで放置していては裁判では負けてしまうということです。
裁判で負けないようにする為には、書類が送られてきた裁判所に宛てて「答弁書」または「督促異議申立書」を送付する必要があります。ご自身で作成したいと思われた方は、以下に進んで下さい。

答弁書・督促異議申立書作成マニュアルの購入手順

1.申込

メールまたは電話で申し込みをする
(メールの場合は以下の申込フォームに必要事項を記入
して送信して下さい)

2.支払い

事務所から銀行口座をお知らせしますので、
そちらに代金を振り込む
(振込手数料はお客様負担でお願いします)

3.お届け

振込確認後、3営業日以内にマニュアルを発送または、
データ(PDF)で送信します。

  • ☆ 申込後、7日以内に振込が確認できなかった場合は、自動的にキャンセルとさせて頂きます。
  • ☆ 当マニュアルは著作権法の規定により、本人がご自身の為に利用される以外に、無断での複製(コピー)、転載(貼り付け)、配布等が禁じられています。違反した場合は処罰される可能性がありますので、ご注意下さい。
  • ☆ 当マニュアルは、当事務所の実際の解決事例に基づいて作られておりますので、条件に当てはまっている方は非常に高確率で解決する可能性が高いです。しかし、100%の解決を保証するものではありませんので、その旨、ご了承ください。
  • 特定商取引法の表示

代金

通常価格2万5000円のところを新規サービス開始キャンペーンにより
2万円(消費税別)で、ご提供いたします。

お申し込みはコチラ

無料相談受付中!(要電話予約)

052-832-1565

1人約1時間(相談内容により多少異なります。)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

無料相談受付中

1人約1時間(相談内容により多少異なります。)

要電話予約

052-832-1565

お問い合わせフォーム
アクセスマップ

橋本司法書士事務所

〒468-0073
愛知県名古屋市天白区塩釜口二丁目1009番地
シャトーハルミ601
TEL 052-832-1565
受付時間:平日午前9時~午後7時まで
※事前に予約を頂ければ、夜間また
 は土日祝でも相談は可能です。

大きな地図はこちら

地下鉄 鶴舞線 塩釜口駅
2番出口 徒歩1分