事例集

ちょっと変わった事例の紹介

相続放棄と言えば、単に借金を相続しない事だと思われている人も多いかと思いますが、長く相続の仕事をやっていると、中には珍しい事例に遭遇することがあります。そんな事例を、いくつかご紹介しましょう。

事例-1 借金が無く、不動産が3つもあるのに相続放棄

相続財産 : 不動産(土地・建物)が3カ所
被相続人 : 母
相続人  : 子

母が九州在住で、子が名古屋市に住んでいます。子は訳あって幼い頃に母と分かれて、ほとんど面識がありません。母が生きているのかどうかも知りませんでした。
ある時、九州の市役所の税務課から通知が来て、「お母さんが亡くなって不動産の相続が発生した。戸籍を調べたら相続人があなただけなので、今後の固定資産税の支払先を決める為に相続手続をして欲しい」というものでした。
これに対して依頼人は、「ほとんど面識の無い人の財産など受け取れない」と回答しました。それで市役所の役人は困ってしまって、「それなら相続放棄の手続をして家裁の通知書のコピーを送って欲しい」と言いました。もちろん、「本当に相続しなくていいんですか。まあまあの価格の不動産ですよ」という台詞も忘れなかったようですが、依頼人の意思は変わりませんでした。
世の中には、いろいろな考え方の人がいるということを、この時は痛感しました。私も相談に来られた時、「相続してすぐに売却して、現金に換えられたら問題ないんじゃないでしょうか」と提案しましたが、やはり依頼人の意思は固かったのです。
非常に珍しい事例だったので、とても印象に残っています。

事例-2 後から姉の相続放棄を保留

相続財産 : 当初は借金が多く、後に不明
被相続人 : 子
相続人  : 両親

最初、借金が200万円ほどあるということで、単純な相続放棄の依頼だと思っていました。娘が亡くなって両親の相続放棄をして、その後、娘の姉の相続放棄をするという内容です。
ところが無事に両親の相続放棄が終了した後に問題が発生しました。実は、娘の死亡原因は医療事故が疑われていて、弁護士に相談に行ったら損害賠償請求の話が出てきたらしいのです。もちろん医者も抵抗しますから必ず取れるとは限りませんし、仮に取れたとしても金額がいくらになるかも分かりません。
とにかく姉まで相続放棄をしてしまうと相続人がいなくなって、誰も損害賠償請求が出来なくなってしまうので、とにかく相続放棄の期間の延長を検討することになりました。損害賠償の金額を見極めてから相続放棄をするかどうかを決めようということです。
最初の相談の時に、娘の医療事故についての説明を受けていなかったので、本当に驚きました。依頼人である両親も、「最初に話しておくべきだった。申し訳ない」と言ってくれましたが、やはり法律家に対しては隠し事は禁物です。この事例のように結果に影響を与えてしまうことがありうるからです。

事例-3 ローンの相続を避けるために相続放棄

相続財産 : 不動産とリフォームローン
被相続人 : 父
相続人  : 長男

配偶者と3人の子供が相続人のケースです。不動産は長男が相続することで折り合いがついていました。問題はリフォームローンで、もちろん長男が支払っていくのですが、法的にはローン会社は法定相続人全員に請求できます。長男が支払っているうちはローン会社も黙っているでしょうが、もし何らかの理由で長男が支払えなくなった場合、他の相続人はローンの請求を拒否できません。
従って、このような場合、遺産分割協議で処理するのは実は危険です。遺産分割協議には不動産や預貯金などのプラスの権利の取得に対する法的な効力しかなく、ローンなどのマイナスの義務に対しては、例え遺産分割協議書に書かれていてもローン会社に対しては効力が無いのです。(意外と知らない方が多いので注意すべきポイントです)
従って、この事例のように、プラスの財産を受け取らない他の相続人は、相続放棄をしておかないと将来的には安心できないということになります。
依頼人も説明を良く理解して頂いて、長男以外は相続放棄をして頂きました。

事例-4 障害者の兄に全て財産を渡したいので相続放棄

相続財産 : 不動産(土地2筆・建物1棟)・預貯金約50万円
被相続人 : 父
相続人  : 子二人

兄が上半身に障害があるので、財産は全て兄に譲りたいというのが妹の希望でした。
この場合、遺産分割協議で兄に譲ることも可能ですが、妹の希望で相続放棄をすることになりました。
妹は県外に住んでいましたが、父は名古屋市在住でしたから名古屋家裁に提出することになります。そのような事情もあって事務所に相談されました。
また、兄が各種名義変更の手続が困難ですから、相続放棄後の全ての相続手続も含めて依頼されることになりました。

事例-5 離れて暮らしていた母に借金があり相続放棄

相続財産 : 無し 借金約100万円
被相続人 : 母
相続人  : 娘

母は離婚して、しばらく一人暮らしをしていて、娘は離れた所に住んでいた為、あまり事情を詳しく知りませんでした。亡くなってから母の部屋を娘が整理したところ、何枚かサラ金のカードが見つかって、クレジットの未払いの請求書もいくつかありました。トータルで借金が100万円以上はあったようです。
すぐに相続放棄を考えましたが、アパートの管理人さんから母の家具や持ち物を処分してくれと言われて、相続放棄をするのに、そんなことをしても良いのか不安になったようで、司法書士に相談に来られました。
このようなケースでは、「勝手に処分すると、財産の一部を相続したとみなされて、相続放棄が出来なくなる可能性があるので、やるべきではない。管理人には、自分は相続放棄をするので相続人ではなくなるため、権限が無いからできない、と答えるように」とアドバイスをさせて頂きました。
「管理人さんに強くせまられていて、危うく処分しそうになっていたので、事前に相談に行って本当に良かった」と大変喜んで頂いて、相続放棄の依頼を受けました。

事例-6 会社からの損害賠償金の相続放棄

相続財産 : 無し 借金約700万円
被相続人 : 父
相続人  : 子二人

父が会社から高額の損害賠償金を請求されていたケースです。
まずは、そもそも損害賠償金は相続放棄が出来るのか、という相談からでした。これはよく誤解されるポイントですが、自己破産の場合は、「悪意で与えた損害賠償は破産できない」というルールがあります。しかし、相続放棄は問題なく出来ます。相続人は損害を与えた本人ではないからです。これを伝えて、まずは安心してもらいました。
他にも注意すべきポイントがある依頼だったので印象に残っていますが、介護保険の還付金を受け取ろうとされていたことです。
役所の介護保険の担当者に相続放棄の話をしたところ、「問題ありません」と言われたらしく、危うく受け取られるところでしたが、これは役所の担当者が間違っています。
介護保険の還付金は相続財産になりますので、これを受け取ってしまうと相続放棄が認められなくなる可能性が充分あります。実は役所の人であっても相続法について詳しいとは限りません。自分の事務処理を早く済ませたい為に、良く調べないで「出来る」と言ってしまう担当者が意外に多いのです。
詳しく説明したところ、大変喜んで頂き、二人分の相続放棄の依頼を受けました。

事例-7 兄の子供が放棄したことを知らずに3カ月以上経ってから弟が相続放棄

相続財産 : 無し 借金約500万円(良く分からない)
被相続人 : 兄
相続人  : 弟

兄が死亡したケースで、兄の子供が二人いたのですが、知らないうちに子供二人ともが相続放棄をしていて、子供からは何の連絡もありませんでした。
しばらく経ってから市税事務所から兄の税金のことで通知が来て、その時に初めて弟は、自分が相続人になったことを知ったようです。既に子供が放棄してから3カ月以上経過しており、どうにかならないかという弟からの相談でした。

兄には昔から借金グセがあり、弟が覚えている時期までは500万円相当の借金があったそうです。今回、死亡時の借金については、事情を詳しく知らされていないので、はっきりとは分かりませんが、子供二人が相続放棄している以上、相当程度残っていると考えたようで、「法的に可能ならば相続放棄をしたい」という依頼でした。

実は、子供が放棄した結果、兄弟姉妹に借金が回ってくるケースと言うのは珍しくありません。この場合、子供が連絡してくるとは限らないので、今回の事例のように兄弟姉妹が知らないうちに相続人になり、借金を背負わされる危険性があるのです。家庭裁判所も、このことは良く分かっているので、子供が放棄した後の兄弟姉妹の相続放棄については、期間について相当広く解釈してくれる傾向があります。あきらめてはいけません。

今回の事例でも、市税事務所の通知の日付が「自分が相続人になったことを知った日付」であることが裁判所に伝わるように申述書と回答書の書き方を工夫することによって、通知の日付からは3カ月以内だったため、無事に相続放棄が認められました。

事例-8 父が亡くなって3ヶ月以上たってから、保証人になっていた借入先から突然請求が来て相続放棄

相続財産 : 無し 借金約300万円
被相続人 : 父
相続人  : 母・子ども3人 後ほど祖母と叔父

兄が死亡したケースで、兄の子供が二人いたのですが、知らないうちに子供二人ともが相続放棄をしていて、子供からは何の連絡もありませんでした。
しばらく経ってから市税事務所から兄の税金のことで通知が来て、その時に初めて弟は、自分が相続人になったことを知ったようです。既に子供が放棄してから3カ月以上経過しており、どうにかならないかという弟からの相談でした。

父が亡くなった後、葬儀も済ませて5カ月ほどたった時、クレジット会社から「リースの残高が300万ほど残っているので一括して支払って下さい」という請求書が届きました。家族全員が驚いてクレジット会社に問い合わせると「生前にお父様がリース契約の保証人になっている」と言われ、しばらくすると契約書のコピーが送られてきました。
相続放棄が3カ月までというのを聞いたことがあったので、払うしかないんじゃないかと、あきらめかけたところ、家族の一人がネットで検索して「3ヶ月を過ぎても可能性はある」というホームページを見つけて相談に行きました。(ここまでが相談に来られた経緯です)

≪司法書士からのコメント≫
「亡くなられてから3ヶ月を超えているので100%通るとは限りませんが、充分可能性はあります。もし通らなかったら報酬の全額返金サービスもあります」、とご説明したところ、「やってみる」とご依頼頂きました。
3ヶ月を超えた相続放棄は専門的な工夫がいります。通常どおりに出したら通らない確率が上がります。その工夫とは、上申書という書面で家庭裁判所が納得できるような追加の説明をしていくことです。どのような説明が有効かは経験がものを言う部分です。私も、通らなかったら全額返金でタダ働きになりますから、気合を入れて説明していきます。
結果は無事、母と子ども3人全て相続放棄が認められました。

この事例はこれでは終わりません。次は父方の祖母が相続人なりますので、祖母の相続放棄になります。期間は母と子ども3人の相続放棄が認められた時から3ヶ月以内となります(先順位の相続放棄が認められるまで、祖母は相続人ではないからです)。従って期間内になりますので通常どおりの手続になりますが、次順位の場合は必要書類の数が増えるので追加の提出をすることになります(具体的には被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍)。ところが、ここでまた通常とは異なることが起きました。何と祖母の配偶者(先に亡くなっています)がアメリカ人で、そのため途中から父はアメリカ国籍だった時期があるため戸籍がないのです。この辺りの事情を家庭裁判所に法的に説明して何とかクリアしました。

祖母の相続放棄が認められても、まだ終わりません。今度は新たに叔父が相続人になるからです。この場合も祖母が認められてから3ヶ月以内なので必要書類の追加をしてからは通常どおりの手続となり、順調に審査は通りました。

最終的に全てが終了するまで4カ月ほどかかりました。通常とは異なる部分がいくつかあったので大変ではありましたが、その分、終わった時は喜んで頂けました。

事例-9 連絡を取っていなかった再婚した父が亡くなり、後妻の子からすすめられて相続放棄

相続財産 : 恐らく無し 借金約500万円(予想)
被相続人 : 父
相続人  : 子ども1人

再婚した後しばらく会っていなかった父が亡くなったと、後妻の子から通知が来ました。通知には「父にはめぼしい財産は無く、借金が500万円ほどあるので相続放棄をされることをおすすめします」と書かれていました。
現在の父の状況は分からないので、普通ならすぐにはOKしないところですが、再婚する前から父には借金グセがあり、それが原因で前妻である母と別れたので、充分あり得る話だと思いました。以前、再婚後の父が事業を始めて借金を抱えているという噂も耳にしていたので、素直に従うことにしました。(ここまでが相談に来られた経緯です)

≪司法書士からのコメント≫
以前、娘さんの法的な相談を受けたことがあり、その縁で今回はお母様の相続放棄の依頼を受けることになりました。相続放棄に至るまでのいきさつは複雑なものがあったようですが、被相続人が亡くなってから3ヶ月以内の相談で、手続自体は標準的な相続放棄でスムーズに進みました。
依頼人の体調があまり良くなかったので、必要書類の取得は全て事務所で代行しました。
1月半ほどの期間で全ての手続が終了し、無事、申述が受理されました。

事例-10 消費者金融からの借金が見つかったので相続放棄の相談に行ったら高額の過払金があることが分かったケース

相続財産 : 木造建物  借金約200万円
被相続人 : 父
相続人  : 母・子ども3人

最初は、父が亡くなった後、アコムと新生フィナンシャル(旧レイク)の消費者金融2社から請求が来て相続放棄をしたいという長男からの相談でした。
しかし話を聞いてみると、母親が住んでいる父名義の家屋があるので、相続放棄をすると母親は住み慣れた家屋を出て行かなくてはなりません。父の借金はいつからなのかを聞いても、家族の誰も知らないと言います。
それでまずはアコムと新生に取引履歴の請求をしてみることにしました。届いた取引履歴を法定利率に引き直して計算してみると、何と両社で500万円近くの高額の過払金が発生していることが分かりました。
念の為、他に借金が無いか、複数の個人信用情報機関に調査依頼をかけたところ、上記2社だけだということも確認できました。
すぐに長男に連絡して、「お母様は家を出ていく必要が無いと思います」と伝えると、とても喜んでいました。
そこからは長男にも協力してもらって過払金請求の裁判をしました。金額が高額だったので少し時間はかかりましたが、最終的には和解で決着して450万円ほどを回収することができました。
このように借金の内容によっては相続放棄をせずに解決することもあります。

事例-11 亡くなった母親が新興宗教にはまっていて、借金が正確には分からないケース

相続財産 : 恐らく無し  借金 不明(恐らく結構ある)
被相続人 : 母
相続人  : 子ども2人(姉妹)

母が生前に新興宗教にはまって財産や借金の詳細が良く分からない。調べようにも宗教団体の人たちが教えてくれない。無理に近づくと勧誘されそうで怖い。という相談でした。
正確な金額は分からないけど、とにかく財産のほとんどは生前に宗教団体につぎ込んでしまったので無いだろうということ、あと借金もかなりしているだろうということは確からしい。このままでは怖いので姉妹とも相続放棄がしたいという希望でした。
相続放棄の申述書には亡くなった人の財産や借金の額を書く欄がありますが、書き方を工夫することによって、正確な金額が分からなくても作成することが出来ます。
今回も同様の方法によって作成し、無事に相続放棄が認められました。

事例-12 実家の家族と仲が悪く、ほとんど会っていないので、父親の相続のことで話し合うのが嫌で放棄するケース

相続財産 : 不動産有 預貯金不明  借金 正確には不明(少しあるらしい)
被相続人 : 父
相続人  : 母・子ども2人(兄弟)

実家にいる母と弟とは、とにかく仲が悪く顔も見たくない関係なので、父の相続のことで話し合うのが嫌だという理由で相談に来られました。
財産と借金の正確な金額は分からないので、ひょっとしてプラスになる可能性もあるのですが、それでも相続放棄で構わないという希望でした。
こういう方は、たまにいらっしゃいます。相続放棄の理由は必ずしも借金が多いからというだけではないのです。
「とにかく話がしたくないから」ということで、相続放棄が認められた後で、受理証明書(相続放棄を証明する書類)を追加で取得して家族へ郵送することも希望されました。
手続が終わった時には、「家族と話をせずに済んで良かった」と、とても感謝されました。

事例-13 夫の仕事上の高額の借入金があり、地方に不動産もあったため、相続放棄するかどうかギリギリまで悩んだケース

相続財産 : 不動産有 預貯金ほとんど無い 借金約4000万円(信用保証協会)
被相続人 : 夫
相続人  : 妻・子ども3人

最初に相談に来られたのは奥様で、「夫の事業の借金がかなりの額あるので、自分は相続放棄をしたいと思っている。しかし、長男が昔住んでいた不動産にこだわりがあり、どうしたものか悩んでいる」ということでした。
不動産は田舎なので価値は低く、建物も老朽化して使い物になりません。更に建物の大きさだけはかなりあるので修繕費用が結構かかることが分かっていて、正直、冷静に考えると相続放棄が適切だと思えます。他にも被相続人の名義は建物だけで土地は別の名義になっているので、ますます残す意味が薄いです。
これらのことを説明して、「後はご家族で相談して決めて下さい」と言いました。
しばらくして奥様から「長男も納得した。家族全員で相続放棄をしたい」と依頼されました。
無事に奥様と子ども3人の相続放棄が終わりましたが、次は被相続人の兄弟姉妹に借金が相続されることになります(両親は既に死亡)。このことを説明すると、「面識がある兄弟姉妹が2名いるので、その人達には伝えたい」と言われ、しばらく後に、その方からも依頼を受けました。
その後、新たに依頼を受けた方が他の兄弟姉妹にも連絡して、結局、全員の相続放棄が完了しました。これで借金を相続する相続人はいなくなったことになり、奥様にも報告したところ、「主人のことで迷惑をかけずに済んで良かった」とほっとされていました。

事例-14 20年以上前に母と離婚して、それから会ってない父の借金を請求されて放棄するケース

相続財産 : 不明 借金約350万円
被相続人 : 父
相続人  : 子

母が20年以上前に離婚して、母方に引き取られた娘さんからの相談でした。父親とはずっと会っていなくて、住所も全く知らなかったそうです。
ある日、債権者から「あなたは相続人だから支払って下さい」という請求書が来て、「母とは離婚しているから払う必要は無い」と返事したら、「離婚しても親子関係はそのままだから、あなたは相続人です」と言われて相談に来られたようです。既に父親が死亡してから半年近く経っていました。
親子関係については債権者の言う通りです。両親が離婚しても親子関係はそのままです(だからこそ養育費の支払という制度があるのです)。
娘さんは、死亡後3ヶ月以上経っていたのを心配されていて、「今からでも相続放棄は出来るのでしょうか」と聞かれました。
この場合、20年以上全く会っていない訳ですから、「知らなかったことに正当な理由がある」と言えます。娘さんは父親が死亡した事実も、債権者から請求されて始めて知ったのです。裁判所に対しても説得しやすい理由なので、「審査が通る可能性は高いでしょう」と答えました。
依頼を受けて、裁判所を説得する書面を複数提出して申請したところ、予想どおり相続放棄が認められました。例え3ヶ月以上経っていても、あきらめてはいけません。

事例-15 依頼した直後に長期の海外出張で依頼人が日本に不在になったケース

相続財産 : 不動産有 預貯金不明 借金約数十万円
被相続人 : 母
相続人  : 子ども3人

母が亡くなって次男さんからの依頼でした。それほど大きな借金ではなく、放棄の最大の理由は、長男に家業を継がせたいというものでした。(こういう理由は珍しくありません)。父は既に亡くなっているので、次男さんとお姉さんの二人の相続放棄になります。
ところが一つ問題がありました。次男さんが海外出張の多い会社で、頻繁に日本を離れてしまうのです。
相続放棄の手続上、申立後しばらくすると本人宛に回答書という書類が家裁から届きます。(これは本人の放棄の意思を家裁が確認するための書類なので、必ず本人宛に届きます)。この書類に署名押印して返送しなければならないのですが、日本にいない時に届いたら返送できません。
そこで次男さんから確実に日本にいる時期を聞いて、家裁に事情を説明した上で、〇月〇日から〇月〇日の間に書類が届くように手配しました。
無事にその期間に書類が届いたようで、しばらく後に相続放棄が認められました。

無料相談受付中!(要電話予約)

052-832-1565

1人約1時間(相談内容により多少異なります。)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

無料相談受付中

1人約1時間(相談内容により多少異なります。)

要電話予約

052-832-1565

お問い合わせフォーム
アクセスマップ

橋本司法書士事務所

〒468-0073
愛知県名古屋市天白区塩釜口二丁目1009番地
シャトーハルミ601
TEL 052-832-1565
受付時間:平日午前9時~午後7時まで
※事前に予約を頂ければ夜間または
土日祝でも相談は可能です。

大きな地図はこちら

地下鉄 鶴舞線 塩釜口駅
2番出口 徒歩1分