事例集

事例-3ローンの相続を避けるために相続放棄

相続財産 : 不動産とリフォームローン
被相続人 : 父
相続人  : 長男
 
配偶者と3人の子供が相続人のケースです。不動産は長男が相続することで折り合いがついていました。問題はリフォームローンで、もちろん長男が支払っていくのですが、法的にはローン会社は法定相続人全員に請求できます。長男が支払っているうちはローン会社も黙っているでしょうが、もし何らかの理由で長男が支払えなくなった場合、他の相続人はローンの請求を拒否できません。
従って、このような場合、遺産分割協議で処理するのは実は危険です。遺産分割協議には不動産や預貯金などのプラスの権利の取得に対する法的な効力しかなく、ローンなどのマイナスの義務に対しては、例え遺産分割協議書に書かれていてもローン会社に対しては効力が無いのです。(意外と知らない方が多いので注意すべきポイントです)
従って、この事例のように、プラスの財産を受け取らない他の相続人は、相続放棄をしておかないと将来的には安心できないということになります。
依頼人も説明を良く理解して頂いて、長男以外は相続放棄をして頂きました。

無料相談受付中

1人約1時間(相談内容により多少異なります。)

要電話予約

052-832-1565

お問い合わせフォーム
アクセスマップ

橋本司法書士事務所

〒468-0073
愛知県名古屋市天白区塩釜口二丁目1009番地
シャトーハルミ601
TEL 052-832-1565
受付時間:平日午前9時~午後7時まで
※事前に予約を頂ければ夜間または
土日祝でも相談は可能です。

大きな地図はこちら

地下鉄 鶴舞線 塩釜口駅
2番出口 徒歩1分