事例集

  • ホーム
  • 相続放棄事例
  • > 亡くなった母親が新興宗教にはまっていて、借金が正確には分からないケース

事例-11亡くなった母親が新興宗教にはまっていて、借金が正確には分からないケース

相続財産 : 恐らく無し 借金 不明(恐らく結構ある)
被相続人 : 母
相続人  : 子ども2人(姉妹)
 
母が生前に新興宗教にはまって財産や借金の詳細が良く分からない。調べようにも宗教団体の人たちが教えてくれない。無理に近づくと勧誘されそうで怖い。という相談でした。
正確な金額は分からないけど、とにかく財産のほとんどは生前に宗教団体につぎ込んでしまったので無いだろうということ、あと借金もかなりしているだろうということは確からしい。このままでは怖いので姉妹とも相続放棄がしたいという希望でした。
相続放棄の申述書には亡くなった人の財産や借金の額を書く欄がありますが、書き方を工夫することによって、正確な金額が分からなくても作成することが出来ます。
今回も同様の方法によって作成し、無事に相続放棄が認められました。

無料相談受付中

1人約1時間(相談内容により多少異なります。)

要電話予約

052-832-1565

お問い合わせフォーム
アクセスマップ

橋本司法書士事務所

〒468-0073
愛知県名古屋市天白区塩釜口二丁目1009番地
シャトーハルミ601
TEL 052-832-1565
受付時間:平日午前9時~午後7時まで
※事前に予約を頂ければ夜間または
土日祝でも相談は可能です。

大きな地図はこちら

地下鉄 鶴舞線 塩釜口駅
2番出口 徒歩1分