事例集

事例-3前妻との間に子がいる場合の資産承継

・夫のAさんは再婚しており、後妻のBさんと暮らしています。
・AさんとBさんの間に子はいませんが、Aさんは離婚した前妻との間の子Cさんがいます。
・Aさんは、賃貸不動産を所有しています。
・Aさんは、自分が死んだあとはこの賃貸不動産をBさんに相続させ、賃貸収入によって不自由のない生活を送ってもらいたいと思っています。
・Aさんは、後妻Bさんが亡くなった場合には、この賃貸不動産を前妻との間の子Cさんに承継させたいと思っています。

上記のケースで遺言を利用した場合

・Aさんの遺言では、後妻Bさんに相続させるという指定はできますが、Bさんが死亡したときの相続についてAさんが指定することはできません。
・Bさんが死亡したらBさんの親族(Bさんの兄弟など)に財産が相続されてしまいます。
・Bさんは相続した賃貸不動産を自由に売却でき、売却で得た金銭をすべて使ってしまうこともできます。
・最終的にCさんに賃貸不動産を承継させるには、Bさんが「Cさんに財産を遺贈する」という遺言が必要になりますが、その内容の遺言を書いてもらえるかどうかは確実ではありませんし、 仮に書いてもらったとしてもBさんはいつでもその遺言を変更・撤回できてしまいます。

家族信託(民事信託)を活用した場合

例えば、下記のように信託契約を締結します。

 

事例

 

このように信託契約を設計することにより、賃貸不動産は受託者が管理することになり、賃貸不動産から得られる賃貸収入は信託契約の定めに従って受益者である後妻Bさんに渡ることになりますので Bさんはこの収入により不自由のない生活を送ることができます。
また、信託契約で、後妻Bさんが亡くなった場合に信託が終了し、信託が終了した際の残余財産の帰属先(帰属権利者)を前妻との子Cさんと定めておけば、最終的にこの賃貸不動産はCさんが承継することになります。
このように家族信託を活用することにより、「遺言」では実現できなかった二次相続以降の財産の承継先まで指定することが可能となります。

 

無料相談受付中

1人約1時間(相談内容により多少異なります。)

要電話予約

052-832-1565

お問い合わせフォーム
アクセスマップ

橋本司法書士事務所

〒468-0073
愛知県名古屋市天白区塩釜口二丁目1009番地
シャトーハルミ601
TEL 052-832-1565
受付時間:平日午前9時~午後7時まで
※事前に予約を頂ければ夜間または
土日祝でも相談は可能です。

大きな地図はこちら

地下鉄 鶴舞線 塩釜口駅
2番出口 徒歩1分