司法書士ジャーナル
橋本司法書士事務所ブログ

1月 21 2020

引田法律事務所の訪問調査 時効(58)

8:32 PM 時効

https://youtu.be/_cZso8vIcLQ

訪問調査とは

借金を長期間放置していると、「通知書」「催告書」「確認書」などのタイトル(他にもタイトルは色々あります)の請求書面が、しつこく届くようになります。

それでも放置し続けると、自宅を訪問して請求する業者もいます。例えばギルドと言う業者は頻繁に訪問調査をすることで有名です。最近、引田法律事務所も自宅の訪問調査をするようになりましたので注意が必要です。

オリファサービス債権回収株式会社

引田法律事務所は、自力で訪問調査をしている訳ではありません(全国に債務者がいますから、自力でやったらものすごい負担になるでしょう)。調査を代行してくれる会社に外部委託しているのです。その委託先がオリファサービス債権回収株式会社です。

この会社は、どのような仕組か分かりませんが、東京に本社がありながら九州などにも訪問調査に来ます。交通費だけでも相当かかると思うので、全国に提携先でも持っているのかもしれません。

オリファサービス債権回収からの訪問調査

オリファサービス債権回収が訪問に来ると、下記のような内容の書面を渡されます。たまたま自宅にいなかった場合はポストに入っている場合もあります。

“拝啓 時下ますます~
本日、弁護士法人引田法律事務所より、訪問調査依頼を受け、ご自宅にお伺いいたしました。
下記、「ご連絡のお願い」をお渡し又は投函するよう言付かっております。
ご多忙の中、誠に恐縮ではございますが、お確かめ頂きますようお願い申し上げます。
敬具”

オリファサービス債権回収からの訪問調査の対処法

訪問調査を受けるとパニックになってしまう人は多いです。自宅に請求に来られるというのは相当なプレッシャーがかかるでしょう。怖くなって電話をして一部でも支払ってしまいたくなるかもしれません。しかし、引田法律事務所もそれを期待してオリファサービスに調査依頼をしているのです。
もし5年以上支払っていないのならば、消滅時効で解決できる可能性があります。引田法律事務所に電話をする前に専門家に相談しましょう。

引田法律事務所について、より詳しい情報が知りたい方は以下をクリック

引田法律事務所