司法書士ジャーナル
橋本司法書士事務所ブログ

11月 30 2018

ティー・アンド・エスの不当請求

ティー・アンド・エスとは

株式会社ティー・アンド・エスは東京都港区芝大門に本社がある業者で、様々な貸金業者の未払い債権を買い取って請求しています。従って、ティー・アンド・エスから借りた覚えが無くても、過去に借りた業者の未払い債権を譲り受けて請求しているので架空請求ではありませんので注意しましょう。

ティー・アンド・エスが買い取っている主な業者

ティー・アンド・エスは他社の未払いになった債権を買い取って請求していることが多いです。買い取っている主な業者には以下のようなところがあります。(他にもあると思いますが、経験上、多いところを列挙しました)
①タイヘイ
②オリエント信販
③クリバース
④アエル(日立信販・ナイス)
⑤日本プラム
⑥マルフク

ティー・アンド・エスから届く請求書の種類

ティー・アンド・エスからは色々なパターンの請求書が届きます。未払い債権を請求する業者の中でも請求書の種類が多い業者だと思います。例えば以下のようなタイトルの書類が届くことがあります。
①「支払通知書」
②「支払意思確認通知」
③「最後通告書」
④「和解案のご案内」
⑤「訪問に関する御連絡」
⑥「訪問予告通知」
⑦「ご連絡」
⑧「債権譲渡通知はお読みですか」
⑨「アンケートにお答えください」

①と②の内容は、「長く未払いになっているので、まずは電話をしてくれ」という意味の文章になっていることが多いです。③は「これで最後だから、無視すると訪問する」と書かれていることが多いです。④は請求額よりも低めの金額の和解案を提示して、「早く和解した方が得だ」と思わせて電話をかけさせようとする内容です。しかし、時効で解決した場合は1円も支払う必要は無いのですから、引っかかってはいけません。
あと、特に巧妙な手口だと思うのが⑨の通知です。「返済のアドバイスをするためにアンケートにお答えください」という内容ですが、うっかりアンケートに答えて返送してしまうと、返済の意思の確認が取れるような質問が含まれているので、それが証拠となり消滅時効での解決を難しくしてしまいます。いかにも親切でやっているように見える内容なので注意が必要です。

これらの通知で特徴的なのは、脅し文句が通常の業者であれば「訴える」「法的措置を取る」などが使われるのに対し、ティー・アンド・エスの場合は「訪問する」になっていることです。一般人にとって訪問されるのが何よりも嫌だということが分かっているのでしょう。

ティー・アンド・エスの自宅への訪問

ティー・アンド・エスは自宅へ訪問することがある業者です。訪問するのは業者にとっても経費と手間がかかるので実際に行う業者は少数派ですが、ティー・アンド・エスの場合は、ネットコミュニケーションズという大阪の会社に訪問請求を委託していて、実際にはネットコミュニケーションズの社員が訪問してくることが多いという特徴があります。

訪問された時に不在だった場合は、「不在通知」という書面がポストや玄関に入っていることがあります。帰宅して不在通知を見つけたら「まさか本当に来るなんて」と恐怖を覚える人も多いと思います。こういう場合は、たまたまいなかったことをラッキーだと思って、出来るだけ早くに当事務所にご相談ください。

もし訪問されてしまった場合は、例え少額でも支払ってしまうと、後から消滅時効の主張が出来なくなる恐れがありますので気を付けましょう。他にも「いついつまでに支払う」というような支払いの約束をして、それを録音されてしまった場合は、やはり後で消滅時効の主張が出来なくなる可能性があります。充分に注意しましょう。

ティー・アンド・エスの時効の可能性

ティー・アンド・エスから届く各種の請求書の中に「弁済期」という記述が書かれている場合があります。この記述が見つかった時は、弁済期から5年以上経っていたら消滅時効で解決できる可能性が高いです。
弁済期という記述が書かれていなかった場合でも(書かれていない書類もあります)、債務者の記憶で過去5年以内に借入や支払が無かった場合は、消滅時効で解決できる可能性があります。
当てはまる場合は業者に連絡する前に当事務所にご相談ください。

ティー・アンド・エスの請求に対する解決法

1.裁判をされる前
請求書が送られてきた段階では、法的に整った時効援用通知を出すことで請求を止めることが出来ます。請求すること自体は違法ではないので、通知を出さないといつまで経っても請求が止まりません。

2.裁判をされた後(訴訟の場合)
裁判をされてしまったら時間との戦いです。絶対に判決が出る前に何とかしなくてはいけません。判決が出て確定した後で相談を受けても、もはやどうすることもできません。完全に手遅れとなってしまいます。
通常訴訟の場合(送られてきた書面に「訴状」と書いてあります)は第一回口頭弁論期日までに答弁書に反論を書いて提出する必要があります。

3.裁判をされた後(支払督促の場合)
「支払督促」というタイトルの書面が裁判所から送られてきたら、訴状の時よりも急がなくてはなりません。支払督促の反論の期間は2週間しかないからです。とにかく急いで当事務所にご相談ください。
もし2週間が過ぎてしまっても、他の方法がありますが、必ず解決するとは限らなくなります。確実に解決するためには2週間以内がベストです。

消滅時効に関するより詳しい情報が知りたい方は以下をクリック

消滅時効

11月 13 2018

任意整理(27) 楽天カード(楽天銀行)の任意整理

楽天カードとは

楽天カードとは、ネットショッピングサイトで有名な楽天のグループ企業です。
昔、楽天グループには楽天KCというカード会社がありましたが、楽天KCはJトラストに売却されたので現在はありません。楽天KCから借りていた人はJトラストから請求を受けることになります。
従って、現在の楽天カードは旧楽天KCとは全くの別会社ですから注意しましょう。間違えやすいポイントです。

楽天カードは長期返済に応じてくれる

楽天カードの特徴の一つ目は、司法書士が任意整理を申し込んだ場合、他の業者に比べて長期の分割返済に応じてくれる傾向がある、と言う点です。
任意整理の通常の分割払いは3年36回払いですが、楽天カードは5年または5年以上の長期分割に応じてくれることもあります。
従って、非常に任意整理の効果が高い業者と言えます。

楽天銀行の任意整理の相手は楽天カードになることが多い

楽天カードの特徴の二つ目は、同じ楽天グループの楽天銀行の保証会社になっていることが多い、と言う点です。同じUFJグループなので三菱UFJ銀行ローンの保証会社にアコムがなっていることが多いのと同じです。
従って、楽天銀行のローンが未払いになると保証会社である楽天カードが代位弁済(銀行の代わりに支払うこと)をして、新たに楽天カードから請求が来ることが多いので覚えておきましょう。
故に、楽天銀行の任意整理をすると、結果的に楽天カードを相手にするケースが多くなります。

楽天カードは職場や他の業者の状況を聞かない

楽天カードの特徴の三つ目は、他の業者と比べてあまり情報を聞かれない、ということです。
通常、任意整理を申し込むと業者から「今、勤めている職場の情報」や「他の業者からどの位、借りているか」などを詳しく聞かれます。まあ、一度支払いが滞った相手と再び分割払いの契約を結ぶ訳ですから、ある程度は仕方が無いと言えます。
ところが楽天カードの場合、上記のような情報を全く聞かれないこともあります(必ずという訳ではありません)。これも任意整理がやり易い特徴になりますね。

現在の楽天カードは過払金の請求は期待できない

旧楽天KCは超過利息を取っていたので過払金の請求はありました。ところが楽天KCはJトラストに売却されましたので、現在の楽天グループのカード会社は楽天カードになります。
楽天カードは新しい会社なので超過利息を取っていません。従って過払金も発生しません。楽天カードに対する過払金の請求を期待している人は、あきらめた方が良いでしょう。

楽天カードの任意整理による解決

任意整理とは、司法書士や弁護士が代理人として分割払いの和解交渉をして和解契約を結ぶことを言います。裁判所を介さずにできる債務整理なので、家族に知られずに処理することが可能です。
楽天カードは前述のように比較的、任意整理に協力的な業者なので、任意整理で解決できる可能性が高い業者と言えます。
楽天カードの支払いに困っている人は、司法書士や弁護士に任意整理の相談に行かれることをお勧めします。

より詳しい情報が知りたい人は以下をクリック

任意整理

11月 08 2018

時効(39) アイ・アール債権回収の不当請求

アイ・アール債権回収とは

アイ・アール債権回収は、現在アコムの子会社となっています。私の実際の経験から言うと、オリンポス債権回収や札幌債権回収などよりは、きちんとした対応をしている印象があります。やはり大手であるアコムの子会社になったことが関係しているのかもしれません。しかし、きちんとしている分、放置した時に裁判に訴えてくる確率は他の債権回収会社よりも高いと言えますから注意が必要です。
本社は「東京都千代田区麹町三丁目4番地 トラスティ麹町ビル」です。

アイ・アール債権回収の特徴

アコムの子会社なので、アコムから譲り受けた債権の回収が多いようです。しかし、それだけではありません。各種クレジット会社の保証契約などの債権も引き受けているようで、相談を受けたことがあります。例えば、アフレッシュクレジットと言う業者を吸収合併しているので、アフレッシュクレジットの未払い債権の請求なども行っています。
他にもアプラスから譲り受けた債権の請求についての相談もありました。

アイ・アール債権回収の請求方法

「請求書」というタイトルのハガキで届くことが多いです。他には「催告書」、「訴訟等申立予告通知」などのタイトルの書面が届くこともあります。
中に「約定延滞発生日」または「約定返済日」という記述が書かれていることが多く、この日付が5年以上前ならば、消滅時効で解決できる可能性があります。当てはまる時は、アイ・アール債権回収に連絡する前に専門家に相談に行きましょう

アイ・アール債権回収の時効の可能性

過去5年以内に借入や支払が一切無かった場合は消滅時効で解決できる可能性があります。しかし民事の消滅時効は、例え時効期間が経過していても請求することは違法ではありません。
そのまま放置した場合、相手は何度でも請求書を送ってきます。そのうち裁判をしてくることも珍しくありません。そうなる前に解決すべきです。

アイ・アール債権回収の請求に対する解決法

  1. 裁判をされる前
  2. 請求書が送られてきた段階では、法的に整った時効援用通知を出すことで請求を止めることが出来ます。請求すること自体は違法ではないので、通知を出さないといつまで経っても請求が止まりません。

  3. 裁判をされた後(訴訟の場合)
  4. 裁判をされてしまったら時間との戦いです。絶対に判決が出る前に何とかしなくてはいけません。判決が出て確定した後で相談を受けても、もはやどうすることもできません。完全に手遅れとなってしまいます。
    通常訴訟の場合(送られてきた書面に「訴状」と書いてあります)は第一回口頭弁論期日までに答弁書に反論を書いて提出する必要があります。

  5. 裁判をされた後(支払督促の場合)
  6. 「支払督促」というタイトルの書面が裁判所から送られてきたら、訴状の時よりも急がなくてはなりません。支払督促の反論の期間は2週間しかないからです。とにかく急いで専門家に相談しましょう。
    もし2週間が過ぎてしまったら、他の方法がありますが、必ず解決するとは限らなくなります。確実に解決するためには2週間以内がベストです。

消滅時効に関するより詳しい情報が知りたい方は以下をクリック

消滅時効

10月 29 2018

時効(38) みずなら法律事務所の不当請求

みずなら法律事務所とは

札幌市にある債権回収を行っている法律事務所です。引田法律事務所や子浩法律事務所のようなところだと思って頂ければ良いでしょう。
それにしても何故、札幌には全国対応の債権回収を行っている業者や事務所が多いのでしょうね。何か札幌にあると有利な点でもあるのでしょうか。

みずなら法律事務所の特徴

催告書というタイトルの書面を送ってくることが多いです。内容は、「このまま放置すると法的措置を取りますよ」と法律事務所らしい脅しが入っていますが、一方で、「入金が困難な場合は支払いの相談も承ります」などの親切そうな文言も書かれていたりします。
だからと言って電話をかけてしまうと相手の思うつぼです。債務者にとって不利益なことを聞き出されてしまうかもしれませんので注意しましょう。

みずなら法律事務所の時効の可能性

過去5年以内に借入や支払が一切無かった場合は消滅時効で解決できる可能性があります。しかし民事の消滅時効は、例え時効期間が経過していても請求することは違法ではありません。
そのまま放置した場合、相手は何度でも請求書を送ってきます。そのうち裁判をしてくることも珍しくありません。そうなる前に解決すべきです。

みずなら法律事務所の請求に対する解決法

①裁判をされる前
請求書(催告書)が送られてきた段階では、法的に整った時効援用通知を出すことで請求を止めることが出来ます。請求すること自体は違法ではないので、通知を出さないといつまで経っても請求が止まりません。

②裁判をされた後(訴訟の場合)
裁判をされてしまったら時間との戦いです。絶対に判決が出る前に何とかしなくてはいけません。判決が出て確定した後で相談を受けても、もはやどうすることもできません。完全に手遅れとなってしまいます。
通常訴訟の場合(送られてきた書面に「訴状」と書いてあります)は第一回口頭弁論期日までに答弁書に反論を書いて提出する必要があります。

③裁判をされた後(支払督促の場合)
「支払督促」というタイトルの書面が裁判所から送られてきたら、訴状の時よりも急がなくてはなりません。支払督促の反論の期間は2週間しかないからです。とにかく急いで専門家に相談しましょう。
もし2週間が過ぎてしまったら、他の方法がありますが、必ず解決するとは限らなくなります。確実に解決するためには2週間以内がベストです。

消滅時効に関するより詳しい情報が知りたい方は以下をクリック

消滅時効

10月 29 2018

時効(37) オリンポスからのメールによる請求は架空請求か?

オリンポスからメールの請求が来た

最近、オリンポスと言う社名でメールによる請求をしてくる事例が増えています。私の事務所にも既に何件か相談が寄せられています。事務所の動画やホームページで説明しているオリンポスと同じ会社なのか、気になる人も多いと思いますので取り上げたいと思います。

<

本当にオリンポスなのか?

まず私の事務所の動画やホームページで紹介しているオリンポスは正式名称が「オリンポス債権回収株式会社」です。この会社が請求する時は基本的に郵便が届きます。そして差出人として正式名称が記載されています。これだけ覚えて頂くだけで、かなり区別が出来るはずです。

一方、最近よくメールで請求が来る会社は、「オリンポス株式会社」、「株式会社オリンポス」、「オリンポス」などになっているケースが多く見られます。正式名称がまず違うわけです。

あと請求の内容も、通信料金の未払いや出会い系サイトの料金などが多く、いつからいつまでの何に使った料金なのか具体的な内容が書かれていないのが特徴です。まともな債権回収会社なら、請求内容は具体的に書かれているのが普通です。あるいは元の債権者はどこで、いつ債権を購入したのかが書かれている場合もあるでしょう。

そして文章の最後の方に「差し押さえをする」というような文言が入っていることが多いです。通常まともな債権回収会社ならば最後の文言は「法的手段を取ります」、「法定措置を取ります」などになります。(私が仕事で請求する場合も同様の文言を使います)

オリンポスの名前を使った架空請求の疑い

このように分析していくと、最近よくあるオリンポス名義のメールでの請求は架空請求である可能性が高いと思われます。実際、オリンポス債権回収株式会社のホームページに「最近、債権回収会社と類似した社名や商号をかたって、電話・郵便・電子メール等を使い、 架空の債権について不当に金員を請求するといった行為が発生しています。ご注意ください。」といった注意喚起が記載されています。

正式なオリンポスとの区別が重要

私の事務所では架空請求と区別する為に、正式なオリンポス債権回収株式会社からの請求に関しては「不当請求」と言う言葉を使っています。これは時効期間が経過しているのに請求している(違法ではありません)という意味で使っていますが、架空請求ではありませんので放置すると訴えられて負けてしまう可能性があります。

一方、オリンポスを名のった架空請求の場合は、「無視する」、「放置する」が正しい対処法になります。正式な会社なのか、そうでないかによって対処法がまるで違いますので注意しましょう

オリンポス債権回収についてもっと詳しく知りたい方は以下をクリック

オリンポス債権回収

6月 15 2018

時効(36) アイフルの「優遇処置のご案内」

以前にも取り上げましたが、アイフルは既に時効期間が経過している請求については、請求金額を大幅に減額することをアピールして支払わせようとしてきます。

この減額幅は相当に大きく、例えば「今、払えば請求金額の1割ほどで構わない」というアピールをしてきます。これは、消滅時効について詳しく知らない債務者にとっては相当に魅力的な提案に見えるため、つい支払ってしまう危険があります。

しかし、実際には消滅時効の通知を出せば1円も払う必要が無い訳ですから、例え1割であっても無駄な支払いということになります。

以前ご紹介したのは「利息全額免除での一括返済案」という書面でしたが、最近は「優遇処置のご案内」というタイトルの書面も送ってくるようになりました。内容は以前とほとんど変わりません。大幅に減額するから書面で指定した期限内に支払うように、うながすものです。

書面の中に、「約定弁済期日」と「最終貸付日」という欄がありますので、その日付が5年以上前だったら消滅時効で解決できる可能性が充分あります。業者に電話する前に、一度、専門家に相談しましょう。

より詳しい情報が知りたい方は以下をクリック

http://www.hashiho.com/aiful/

5月 14 2018

時効(35) SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)の不当請求

大手消費者金融の一つであるプロミスは社名をSMBCコンシューマーファイナンスと変えました。SMBCとは三井住友銀行グループのことで、プロミスが三井住友銀行の傘下に入ったことでグループ会社であることをはっきりさせるための社名変更でしょう。

SMBCコンシューマーファイナンスは傘下にアビリオ債権回収がありますので、支払いが滞るとアビリオに債権譲渡されることが多いのですが、まれにSMBCコンシューマーファイナンスのままで古い債権を請求してくることがあります。

送られてくる書面の中に「和解提案書」というタイトルの書面があります。
だいたい以下のような記載になっています。

和解提案書
毎度お引き立て頂き、誠にありがとうございます。
早速ですが、平成〇年〇月〇日にご契約いただきました契約番号○○○○の取引について、平成〇年〇月〇日以後のご入金が確認されておりません。
現在の債権内容は下記のとおりですので、ご案内いたします。

お客様におかれましては何らかのご事情があり、期日を超過されたこととお察しいたします。ご返済の再開をお願いするにあたりまして、早期の解決を図りたく、「和解案」を提示いたします。
下記の和解案の有効期限につきましては、平成〇年〇月〇日限りとさせて頂きます。

この「和解案」につきましては、お客様のご都合に合わせたご相談もお受けいたしますので、有効期限内に「回答書」をお送り頂くか、または担当○○までご連絡くださいますようお願いいたします。

以上が、書面の具体例となります。
和解案の有効期限などが書かれているので、つい連絡をしたくなってしまいますが、もし5年以上借入も返済も無いのであったら、時効で解決できる可能性が高いので、業者に連絡をしてはいけません。業者に連絡をすることによって、後から時効援用ができなくなってしまう可能性があるからです。

5年以上、取引が無いのであったら、まずは専門家に相談しましょう。

より詳しい情報が知りたい場合は以下をクリック

http://www.hashiho.com/debt/shometsu/

5月 09 2018

任意整理① 任意整理とは何か?

任意整理シリーズ1回目は、任意整理とは、そもそも何なのか、というお話です。

誤解している人が多いのが、任意整理と債務整理の違いです。
債務整理とは、借金を法的に解決する全ての方法についての総称です。借金を法的に解決する方法は全部で6つあります。
①任意整理
②自己破産
③個人再生
④過払金請求
⑤相続放棄
⑥消滅時効の援用
です。
これら6つの方法全てを指して債務整理と呼びます。
一方、任意整理とは、債務整理の方法の中の一つを指します。

それでは任意整理とは、どのような方法なのか、と言うと、裁判所を介さないで、司法書士と業者との間の交渉によって、借金を減額したり、分割払いにしたりする手段です。債務整理の中で、最初から最後まで全く裁判所がかかわらない手続は任意整理のみです。

裁判所が関与しないので、用意する書類等がほとん必要なく、他の手段と比較すると手軽に依頼できるのが特徴です。
そのため、「何とか任意整理で解決できないか」と方法を指定して相談してくる依頼人もいます。

意外に知られていませんが、過払金請求も元々は任意整理の一種です。ただ過払金請求はあまりにも件数が多くなった時期がありましたので、独立した手続として取り扱うことが一般的になったという経緯があります。

より詳しい情報が知りたい方は以下をクリック

http://www.hashiho.com/debt/ninniseiri/

4月 03 2018

時効(34) エイチ・エス債権回収の不当請求

エイチ・エス債権回収は、CFJ(旧アイク・旧ディック・旧ユニマット)などの未払い債権の請求が比較的多い業者です。この業者の態度は正直、良いとは言えません。

エイチ・エス債権回収が送りつけてくる通知には、「ご確認のお願い」・「債権譲渡のご通知」などがありますが、何と驚いたことに請求金額の総額がどこにも書かれていません。私が相談者から受け取った書面には、元金しか記載されていませんでした。これでは、一体いくら請求されているのか分かりません。

私の予想になりますが、高額の遅延損害金と一緒に請求すると、「とても払えない」と驚いて法律家に相談され易くなりますので、まずは債権回収会社に電話をさせようとする目的で元金のみを記載しているのではないか、と考えています。

他にも時効援用通知を送った後の態度がひどかったのが印象に残っています。通常は、1週間ほど経ってから連絡すると、「中断事由は無いので時効で処理しました」のように回答するのが普通ですが、何とエイチ・エス債権回収は「倉庫にしまってあるので、まだ調べてません」、「中断事由があれば請求するし、無ければ請求は止めますから、答えなくても良いでしょう」などと言ってきました。

さすがにこんな乱暴な回答は、あの評判の悪いギルドですら経験がありません。正直、「この業者、大丈夫か」と思ってしまいました。

私も司法書士ですから簡単に引き下がるわけにはいきません。「中断事由があるのか無いのか、はっきりしてもらわなければ困ります」と強く主張したところ、「じゃあ調べますんで、あと1週間待ってください」と言って電話が切れました。

1週間後に再度エイチ・エス債権回収に連絡したところ、「中断事由が無いので請求を止めます」と回答がありました。その後、「事務所でゼロ和解の契約書を作成して送ったら、会社印を押して返してくれるか」と質問したら、即答で「出来ません」という返事で、あきれてしまいました。

時効の場合、解決しても業者に契約書返還義務が無いので、手元に書面が残りません。それで事務所が「債権債務無し」(通称ゼロ和解)の和解契約書を作成して業者に送り会社印を押したものを1枚返してもらう、というやり方をすることがあります。ほとんどの業者が、これには応じます。しかし、エイチ・エス債権回収は拒否してきました。

このように、かなり問題が多い業者なので、請求された場合は注意が必要でしょう。

より詳しい情報が知りたい方は以下をクリック

http://www.hashiho.com/debt/shometsu/

3月 02 2018

時効(33) ギルドの取引が長かった場合は、あきらめてはいけません

最後の取引から5年以上経過していない場合、時効にはなりません。しかし、必ず支払わなくてはならないか、と言うと、そうとは限りません。何故なら、実は借金が無くなっている可能性があるからです。

「ギルドから請求が来て、遅延損害金も含めると100万円を超えている。最後に支払ったのは、つい最近なんだけど、どうにかならないだろうか」

このような相談が事務所にありました。詳しく内容を聞くと、どうも15年以上前から取引をしていたようでした。

そこで、ご自身で取引履歴を請求するようにアドバイスをして、届いた取引履歴を事務所に送ってもらい、利息制限法で引き直し計算をすると、何と過払いになっていました。

しかし、ギルドは過払金を支払わないことでは有名な業者です。以前に事務所で90万円のギルドに対する過払金請求をした時には、任意の請求では1円も支払わず、訴訟を起こして判決で勝利しても、何と「5万円なら支払う」と言ってきました。頭にきて、銀行口座を差押えたところ、中身は空で結局、ほとんど回収できませんでした。

こんな業者ですから、依頼人に事情を説明して、「それでも過払金の請求をしますか」と聞いたところ、「それなら借金を無しにしてくれれば私は構いません」と言う回答だったので、「債権債務無し」の和解をしました。

「債権債務無し」の和解とは、通称0円和解と言われるものです。依頼人にとっては、借金が無いことを確認できるメリットがあります。

このように、例えギルドとの取引が時効では無い場合でも、実は借金が無くなっているということもあるのです。取引が長い人はあきらめてはいけません。

ギルドについて、より詳しい情報が知りたい方は以下をクリック

http://www.hashiho.com/guild/

Next »