司法書士ジャーナル
橋本司法書士事務所ブログ

4月 26 2019

みずなら法律事務所とアプラス 時効(44)

4:54 PM 時効

みずなら法律事務所について

以前にもご紹介しましたみずなら法律事務所ですが、札幌で債権回収を盛んにやっている弁護士事務所です。特定の業者からの債権回収が多いのが特徴です。

アプラスからの債権の請求が特に多い

アプラスとは関西に本社があるローン会社ですが(現在は新生銀行系列)、キャッシングだけでなくクレジット事業や自動車ローンなど幅広く手掛けている業者です。
みずなら法律事務所は、もともとアプラスが貸していた債権を請求しているケースがとても多いのです。
従って、昔、アプラスから借りていた経験がある場合は、長期間放置すると、みずなら法律事務所から請求を受ける可能性があります。

アプラスからエムズホールディング株式会社へ債権譲渡

アプラスは大量の債権を、札幌市に本社があるエムズホールディング株式会社に債権譲渡しています。アプラスから債権を譲り受けたエムズホールディング株式会社が、同じ札幌市にあるみずなら法律事務所に回収を依頼しているため、みずなら法律事務所から請求が来ることになるのです。
債権が長く放置されると、このように様々な業者や法律事務所を債権が渡り歩くことになり、ややこしくなりますね。

みずなら法律事務所は債権回収事務所

みずなら法律事務所は、あくまで債権回収を請け負っている事務所です。
本当の債権者はエムズホールディングです。
みずなら法律事務所から請求通知が届いたら、過去5年以内に借入や支払が無かった場合は、時効で解決できる可能性が高いので専門家に相談しましょう。

みずなら法律事務所の支払督促

みずなら法律事務所から届いた通知を長期間、放置し続けると裁判に訴えてきます。この場合、みずなら法律事務所が多用する方法が支払督促です。
支払督促は債務者の住所地を管轄する簡易裁判所に申立てることになりますので、債務者の地元の簡易裁判所から「支払督促」と書かれた書類一式が送られてきます。特別送達という特殊な郵便で届きますので勝手にポストに入ることはありません。

支払督促が届いた時の対処法

支払督促は受け取ってから2週間以内に裁判所に反論書を出さないと大変なことになりますので注意しましょう。
もし2週間以上放置してしまうと仮執行宣言というのが出され、債務者の財産が差し押さえられる危険があります。絶対に放置してはいけません。急いで専門家に相談しましょう。

みずなら法律事務所の時効について、より詳しい情報が知りたい方は以下をクリック

みずなら法律事務所