司法書士ジャーナル<相続>
橋本司法書士事務所ブログ

10月 17 2018

遺言⑰ 公正証書遺言の意外と知らないポイント

8:14 PM 遺言

公正証書遺言については意外と知られていないポイントが、いくつかあります。
皆さんが勘違いしやすいポイントについて、お話したいと思います。

①自筆の署名が必要
自筆証書遺言と違って、公正証書なんだから自筆は一切いらないだろうと思っていると実は違います。公正証書であっても自筆の署名は必要です。

②実印は自分で押す
自筆証書遺言は認印でも構いませんが、公正証書遺言は実印が求められます。押印も遺言者が押すことを求められます。

③必要書類で原本が必要なのは印鑑証明書のみ
遺言者の体調が悪く急いでいる時など、必要書類をファックスで公証役場に送ることは良くあります。そんな場合でも、後ほど原本を要求されるのは印鑑証明書のみです。(ひょっとしたら他の公証人では異なる対応の場合もあるかもしれませんが、少なくとも私が良く担当してもらう公証人は書いたとおりです)

④公正証書遺言は証人二人が必要ですが、証人の押印は認印で構いません。

⑤遺言者と公証人がやり取りをしている間は、他の親族は入室が出来ません。もし病院に出張している場合でも、一旦、病室から出されます。

どうでしょう。意外と知らないことがあったのではないでしょうか。

遺言について、より詳しい情報が知りたい方は以下をクリック

遺言